「出来る・出来ない」選びたいのはどっち?

child-1721906_640

こんにちは。

吉田かおりです。

自分に対して「これできるかな?」と問いかけをする場合、表の心で「できる?」と問いかけながら裏の心では「できない?」と同時に問いかけてもいます。

【できる=失敗しないこと、成功】

との思いが背景にあるため

【できない=失敗(していい)、不成功】

を選んだほうが自分に対するストレスがかかりません。

だから、無意識的であっても裏の心が強く働いてしまいます。

【成功=(失敗も含めた)経験ができること】

この思いの仕方に変わるだけで、全然違っちゃうの、わかりますか?!

また、その出来事に対して自分が「やりたいか」「ワクワクするか」。

このように、出来事の中にいる『自分の心』にフォーカスしてみます。

「出来事の結果」ではなく、
そこにある「自分の気持ち」に正直になる方が、必ず自分のためになるのですね。

出来事の結果に心を奪われると・・・
「自分の気持ち」には気づきにくくなってしまいます。

そうった日々の在り方が、
自分のことをわからなくさせてしまう一つの要因と言えます。

素直に気持ちを表現していいのです。
それが「自分らしさ」となります。
でもその前に、自分の素直な気持ちに気づく感性が必要なのですね。

Follow me!