無意識にも相手を「強制的に動かそうとする」ときにかける言葉

face-1370955_640

こんにちは。吉田かおりです。

「出来る・出来ない」その言葉についての続編です!

「出来る?(出来ない?)」
この言葉が相手に向かうときとは、
【お願い】や【要求】をする場合になることと思います。

「お風呂掃除できる?」

「部屋の片付けできる?」

「ゴミ出しできる?」

これらは、ある程度の年齢にあれば必ず「できる」ことなのです。
そう、単純にこの言葉について答えるのであれば、

「出来る」が答えなのです。

なのに・・・
「出来る?」と聞く。

それって実は素直じゃない言葉のかけ方、コミュニケーションの取り方なんです。
もっと言うと、なんかいやらしい・・・。

「必ず出来る」と知っていることに対して相手に改めて「出来る?」と聞くことは「出来ないわけ、ないよね」といった思いを含んでいます。

つまりそれが、「人を操ろうとしている」時なのです。

でも、誰だって人は誰かに操られたくないのです。

そのため「拒否感」を現してしまう。

こういう心の在り方をしていると、お互いの身体は固いのです〜。

どうしても、ぶつかり合ってしまう。

指示強制で人を動かすことが、人の本質的なしあわせを与えてくれはしません。

あなたの身体、固くないですか?
単純に身体の硬さも、こう言った心の在り方を助長させてしまいますが、心の在り方によって相手とぶつかり合う体の在り方になっていませんか?

コミュニケーションをよくすることは、自分のためでもあり相手のためでもあります。

Follow me!