目線を1㎝あげてみる

italy-1840763_640

最近、どんなことに喜んだり楽しんだりしましたか?

日々バタバタしていていると

自分のことがよく思い出せない・・・
嫌なことばかり思い出される・・・

そんな偏りが起きることがあります。

嬉しい体験やひらめいたこと、
感動したことなどがあっても、

すぐに忘れてしまう。

人は基本的に、苦痛の体験は
とても強烈に身体に記憶させます。

身体を守り抜くためには
危険を察知する能力が誰にでも備わっているから。

同じように、

喜びの体験なども
感動が大きければ大きいほど
記憶に残りますが、

苦痛の体験ほど持続しないものです。

そうやって人は

「忘却」

することで自己成長を遂げられず
苦痛に縛られる。

あるいは何度も挑戦する勇気が沸く。

偏った自分だけをみて

「これが私の全てだ」

といった狭苦しい自己像は間違っています。

目線を1センチあげて、
見渡してみる。

心の目を変えて、

実際の目線を変え、

世界をみると

新しい自分がきっといます。

Follow me!