迷いを絶つ力

learn-897410_640

こんにちは。吉田かおりです。

毎日着る洋服を選ぶ時、どれを着ようか悩む自分があまり好きではありません。
時間がかかり過ぎなのです。
・・・迷い過ぎなのです。

そう意識した日を持つと、翌日からファッションセンスを磨こうとして努力している自分がありました^^

洋服をネットで色々と見ていたのですが、
気づけば・・・
「こんな組み合わせかあ、私が持っている服のあれとこれでもいいな」みたいな感じです。

その効果あってか・・・!

翌日「パッ」と洋服が決められました!

「パッ」と選択できた自分が嬉しい!^^!

 

どんなことでも、迷いの多い人は案外忙しい時間を過ごしてします。

決めることができない。

その迷いによって思考が止まらず忙しい・・・。

そんな人は、決断する力をつけるために自分にむけて「最初に何を思ったっけ?」「今日の気分は何?」などと意識的に問いかけ、答えを出す経験をしましょう。

お子さんがいらっしゃれば役員などといった役割(責任)を担うような場面もあったり、職場である程度の立場を任されたりする場面にある方などもおられると思います。

そんな時、
「一人一人の意見を尊重する」
という在り方では、うまくいかないこともあります。

その置かれた立場の責任を取るとは、イエスもノーもある状況の中どうすべきかを「決める」ことと言えます。

みんなの意見を尊重するばかりでは、結局自分の責任を逃れることになっているとも言えます。

決断力を磨いてくことは勇気がいる場面もありますが、失敗も成功も体験しながら「自分の在り方」を自覚的に取り組む経験によって、物事の真実を見極める力も磨かれるはずです。

Follow me!