51vNVmzXl1L._SX359_BO1,204,203,200_はじめに

「自分をもっと信じたい」
「自分に自信を持って行動できるようになりたい」
「できるだけ無駄な力みを落として自分らしく過ごしていきたい」
これらの思いは私の思いでもあり、
自分の人生を真剣に生きていたいという意思を持ち合わせた仲間の思いです。
その思いの実現のためには、体の力みも心の力もできるだけ落としていくことが必要です。

体と心、それらが力み緊張するのはなぜでしょう?

それは、それが性質でもあり自分を守るために必要なことの1つであるからなのですが、「日々の自分の在り方次第」で体も心も気づかないうちに無駄に力み、緊張しっぱなしになってしまいます。

緊張しっぱなしでは心身のバランスが崩れてしまうことは、
誰もが想像できることと思います。

しかし実際に日常の中でストレスを感じる場面になったとき、
「自分の在り方」を重要視できる隙間はなくなり、

「こんな環境ではどうにもならない、
こんな相手ではストレスが続いて当然だ、
こんな私だからダメなんだ・・・」

とただ嘆くだけを続けてしまいがちです。

自分の在り方には意識を向けることなく、
「望まない自分になってしまうのは仕方ない」と、結局自分を放置してしまうのです。

そして放置された状態の中、様々なことが動く日々を経験します。

日々の中には楽しいことも辛いことも嬉しい様々にあります。
そんな日々が「ただ慌しく時間が過ぎていくばかり」と感じるようになるかもしれません。

「やらなければならないこと」。
それらを重圧に感じてくるとき、日々のストレスを増し、
不満を強め、やらなければならないことの義務に犠牲を払い始めます。

すると、ますます自分にムリを課す在り方になってしまいます。
それがいつの間にか自分の体と心の存在を忘れさせ、
「義務感」に覆われたしかたなく過ごす在り方となり、
そんな「自分にムリをした生き方」が「身体を粗末に扱う生き方」となってしまいます。

自分の人生に対する積極性が減り、
自分に起こることに対する責任を逃げ、
その人生とは「自分」があって始まっているにもかかわらず、
人生の主人公であることを忘れた人は、ただ受け身になり、やられてしまう在り方になってしまいます。

 

親子の関係、仕事の人間関係、コミュニケーション、恋愛、スポーツなど、
どんな分野においても「緊張した人」はうまくまわりません。

緊張した人は人生に対抗することばかりを考え、
自分の能力を存分に発揮することなく過ごしてしまいます。
人生に対して無駄な緊張を外し、緩めていける部分と締めていく部分のコツをつかむことで、
自分を取り巻く環境は大きく変わっていきます。

 

そのためには、自分の体と心を持ち合わせる身体をよく知ることが大事です。
身体は全てを知っているます。
その声に耳を傾け頭で考えることをやめてみるのです。

体の無駄な緊張に気づき、体を緩めることを知ると、
同時に心を緩めることができます。
そのようにしてリラックスした在り方を「日常に活かすこと」で、
初めて自分らしくなれるのです、
そこには自分の体の軸、心の軸を持ち合わせ、自分ついて明確な認識が保てています。

あなたは、自分に光を当て自分を大切にすることを、どの時点からでも学べます。

 

続けて本編を読みたい方は

↓↓↓今すぐこちらをクリック